先輩インタビュー

入社1年目
日本工学院専門学校蒲田校 卒業 カメラグループ所属
小林 咲希さん
  1. Q.テイクシステムズを志望した理由は?
    一つの分野に限らず、多岐にわたって番組ができる仕事に携わりたいと思い、志望しました。
  2. Q.現場の業務や担当している番組?
    入社して半年程は、カメラアシスタント業務を主に行っていました。
    それから、研修として先輩に教えて頂きながらカメラを経験し、少しずつカメラをさせて頂く機会が増えました。現在は、報道ステーション、Abemaケヤキヒルズなどのカメラ業務をしています。
  3. Q.会社に入って今までで辛かった事?
    睡眠時間が少ない日が続いたことです。
    体力や気持ちも辛く感じましたが、終わった後、大きな達成感と充実感がありました。
  4. Q.ストレス解消法はありますか?
    映画を見に行くことです。映画会員の特典が楽しみですし、感動したり笑ったりすることで、
    良いリフレッシュになります。また、実家でのんびりと過ごすことも、ストレス解消のひとつ
    です。
  5. Q.これまでの仕事で感じたこと
    どの番組においても、瞬間を映像に収める難しさと楽しさを改めて感じました。
    笑いが起きる瞬間、スポーツ選手が活躍する瞬間、感情あふれる瞬間。一瞬の出来事を逃さず
    、どう表現し映すかを、日々模索しながら努めています。
  6. Q.会社に入る前と後とのギャップ?
    その日のシフトによって、勤務の時間帯が全く違うことです。
    早朝から深夜まで働く日や、深夜から明け方までの、起きていたことがない時間帯に働く日も
    あります。そのため体調管理には、入社前よりも気を付けるようになりました。
  7. Q.今後の目標?
    目の前にあるひとつひとつの仕事を大切に取り組み、広い視野を持ったカメラマンになることです。

採用者からのコメント

  テレビ朝日の子会社になった事によって当社の業務状況にも大きな変化がありました。 以前ですと、ミュージックステーションや大規模中継などに関わる当社スタッフは数名いるかいないかというくらいの状況だったのですが、現在はすべての番組を当社スタッフが行っていますので、経験の浅いスタッフにも「大抜擢」というチャンスが生まれ易くなっています。
  テレビ朝日でOAされているほぼ全ての番組に当社スタッフが関わっている為、業務量が多い事は事実です。中には正直言って面白くないと思う業務もあると思われますが、多岐に渡る業務(番組)があるので、やりたいと思った仕事ができるチャンスが多いというところが当社の特徴です。

テイクシステムズ 採用担当より