先輩インタビュー

入社5年目
ビジュアルアーツ大阪 卒業 カメラグループ所属
樗木 真弥さん
  1. Q.テイクシステムズを志望した理由は?
    私はドラマをやりたかったのでドラマに携わっている会社を探していて、テイクシステムズはその中の一つでした。 他にもバラエティーや音楽番組にも携わっていたので、受けてみようと思いました。
  2. Q.これまでの仕事で感じたこと?
    カメラを振らせてもらえるようになって、カメラは本当に難しいなと今とても実感しています。技術はもちろんですが、自分の考え、出演者の気持ち、その場で起こっていることをどう切り取るのか。
    正解が無いので、とても奥が深いなあと感じます。
  3. Q.現場の業務や担当している番組?
    今は一年の半分はカメラアシスタントとして、ドラマの現場に出ています。
    ドラマが無い時は、デイリーの番組や収録番組(おかずのクッキング、夏目と右腕はレギュラーで担当)でカメラをやらせてもらっています。
  4. Q.会社に入って今までで辛かった事?
    1、2年目の頃は、初めての事ばかりで毎日が緊張の日々で、現場では今まで経験したことが無いくらい怒られる日々が続き、仕事が出来ない自分が悔しくて、この仕事は向いていないのかな、辞めようかなと思うことが多かったです。 その時は辛くて、毎日のように大阪にいる母親に電話していました、、、。(泣) ただ、今となってはその時の経験は自分にとって良い経験だったと感じています。 今でもメンタルが弱い私ですが、その時の経験で少しは強くなれた気がしています。(笑)
  5. Q.ストレス解消法はありますか?
    私はけっこう自分の中にため込んでしまうタイプなので、休みの日に洋服を買ったり映画を見たり、学生の頃の友人と飲みに行ったりして発散しています。
  6. Q.会社に入る前と後とのギャップ?
    こんなに早くにカメラを経験できるとは思っていませんでした。 入社前にほとんどの会社ではアシスタントを何年か経験してやっとカメラが振れると聞いていたのですが、1年目の冬には報道ステーションのスタジオカメラを経験していました。 ただ早くからカメラを経験できる分、練習と勉強は本当にしっかりやらなければいけない焦りや不安もありました。
  7. Q.今後の目標?
    いろんな番組が出来るマルチなカメラマンに憧れますが、今はドラマでカメラを担当することが一番の目標です。

採用者からのコメント

  テレビ朝日の子会社になった事によって当社の業務状況にも大きな変化がありました。 以前ですと、ミュージックステーションや大規模中継などに関わる当社スタッフは数名いるかいないかというくらいの状況だったのですが、現在はすべての番組を当社スタッフが行っていますので、経験の浅いスタッフにも「大抜擢」というチャンスが生まれ易くなっています。
  テレビ朝日でOAされているほぼ全ての番組に当社スタッフが関わっている為、業務量が多い事は事実です。中には正直言って面白くないと思う業務もあると思われますが、多岐に渡る業務(番組)があるので、やりたいと思った仕事ができるチャンスが多いというところが当社の特徴です。

テイクシステムズ 採用担当より